楽しいから笑うのではない

笑顔

昔からですが、

「安藤さんといると安心します。」

とか

「安藤さんのことは信頼できます。」

 

って言われます。

 

自慢かよ!

 

と思われるかもしれませんが、

このようなフィードバックが頂ける原因って何か分かれば

この記事を読んでくれているあなたのビジネスの参考にならないかと思ったわけです。

 

これまで何でかなーと不思議に思っていましたが、

僕が幼少期から無意識にしていたことがあることに気付きました。

 

何かというと笑顔

 

基本的にいつも笑っていたんです。

楽しいときもそうでないときも笑ってました。

 

僕は2歳上の兄がいて次男なのですが、

兄が怒られている姿をみて

 

笑っていたら怒られないのかもしれない!

 

と学習をして笑うことを覚えたのかもしれませんね。

 

楽しくないのに笑っていたというのは

自分ながらに計算高さを感じます・・・(笑)

 

ドラえもんならスネ夫タイプかもしれません。

ケンカの強い人と一緒にのび太を虐めたりしないですけどね。

 

無意識な笑顔を振りまいた結果、

周りの友達はいつもニコニコしている人が多かったです。

 

時には会社の先輩にヘラヘラするなと怒られたことも・・・(汗)

 

約30年間を振り返ってみると、

会社の先輩に怒られるという事態にもなりましたが、

総じて良いことの方が多かったなと思います。

 

笑顔は誰も傷付けない

笑顔は周りを楽しくさせる

笑顔は周りを安心させる

 

こういう力があると思います。

 

お笑い芸人とか人を笑わせることを仕事にしている人がいますが、

本当、他人を笑顔にさせる仕事ってすごいです。

僕には笑わなかったらどうしようとか大勢の前では怖くて出来ないです。

 

ここでお笑い芸人を例に出した理由ですが、

お笑い芸人のように楽しい話が出来なくても

あなたが周りを笑顔にさせる簡単な方法があるからです。

 

お笑い芸人って必ず事前にネタを準備しますよね。

 

笑ってもらえるポイントを予め作っています。

 

なので、

楽しい→笑う

 

という循環です。

 

ここで僕が思うのは、

果たして人は必ずしも楽しいから笑うのかということなんです。

 

僕は経験から両方あると言いきれます。

 

楽しい→笑う

だけじゃなくて

笑う→楽しい

 

もあるということです。

 

いろいろな人とお会いさせていただくのですが、

やっぱり表情の無い人は僕も恐怖を感じます。

 

『何を考えてるんだろう?』

 

こんな感じにめちゃくちゃ身構えちゃいます。

 

そしてこちらの画像を見てみてください。

 

images

 

2da0225c7237501d97730af6e68555c5c9ea394b1495077493

 

どちらの画像も右側の笑顔の方が安心しますよね。

笑顔は移ります。

そして笑顔になるから楽しくなります。

 

ということで、

楽しくなるためにまずは笑顔という形からが重要です。

 

ただ・・・

 

笑顔が苦手だという人もいると思います。

 

実はこれって筋トレと一緒で、

普段使っていないからできないだけなんです。

 

なので、笑顔も筋トレしましょうという事です。

 

僕がよくコンサル生に教えている内容は、

誰もいない鏡の前で全力で変顔をしてくださいと言います。

 

僕も人と会う前にやっています。

顔の筋肉って使っていないと本当に硬いです。

 

でも、これをしているかどうかで、

全然相手に与える印象が違うんですよ。

 

騙されたと思って、

変顔する前と変顔した後の笑顔を比べてみてください。

 

そして、とっておきの変顔ができるようになったら教えてください(笑)
最先端のお金の稼ぎ方を学べる学校

[本投稿の感想を聞かせてください]

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

LINEで送る
Pocket