体験型のセールスは売れる

体験型セールス

 

セールスの最後の最後でお客様が決断できない場合があります。

 

その理由の1つとして

お客様が商品やあなたを信用していないことが挙げられます。

 

「この商品を購入したら良くなるのだろうか?」

「この人の言っていることは信用できるのか?」

 

人は原則的に信じないと行動しないので、

この信じないをどうすれば突破できるのか考える必要があります。

 

特にコンサルなど目には見えない無形商品を扱っている人は

お客様の視点からすると本当にこの人のコンサルを受けたら

結果が出るのかどうか決断できないポイントとなります。

 

売れる人は高いセールス力でお客様の信用を獲得できますが、

すべての人が最初から高いセールス力を持っているわけではありません。

 

正直なところ、セールス力がなくても

お客様に選んでもらえる人になりたいですよね。

 

というわけで・・・

 

今回はセールス力に自信のない方でも

お客様から喜んで商品を購入して貰える方法をお伝えします。

これは既に売れている人でも活用いただけます。

 

ずばり

その方法とは体験型セールスです。

 

体験型とは言葉どおりお客様に体験してもらうことで

商品の良さを知ってもらうという方法です。

 

お客様が求めているのは、いつの時代も常に結果(未来)です。

 

誰だって約束されている未来にお金を支払いたいものです。

 

体験型セールスは、

未来に繋がる途中までをお客様に擬似体験してもらいます。

 

言葉や文章でどれだけ素晴らしいか説明を受けることと、

お客様が実際に体験してもらうこと、

どちらがお客様が信用をしてくれるのか一目瞭然ですよね。

 

当然ながら体験してもらった方が購入してくれます。

 

有名なところだとAppleはまさに体験型セールスのモデルです。

 

Appleストアという店舗でお客様がiPhoneやiPadなど

実際に操作することで【商品の良さを体感】してもらっています。

 

スマホの課金型ゲームも同様に体験型セールスですね。

 

最初は無料でゲームを楽しむことができますが、

ゲームの楽しさを最初に体験してもらい、

ユーザー同士の競争意識や希少性などの消費者心理をコントロールして、

出現率の低いレアアイテムを手にいれるための課金を促しています。

 

つまり、体験して変化があれば人は購入してくれるということです。

 

あなたの商品の一部であればどんな内容の体験でも大丈夫です。

ぜひ試してみてください。
最先端のお金の稼ぎ方を学べる学校

[本投稿の感想を聞かせてください]

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

LINEで送る
Pocket